パッチ4.45は11月6日!

パッチ4.45の実装日が公表されました。11月6日火曜日です。『禁断の地エウレカ:ピューロス編』と『ヒルディブランド外伝 紅蓮編』が追加されます。

 

エウレカ:ピューロス編

氷と雪まみれの地、パゴス帯の北にある高山地帯。我々冒険者たちはその高山地帯の奥深くから脈打つ火属性の力を感じていたそうです。
活火山ピューロス帯はどうやら山の中。

二枚目の美人モンスターはもふもふの装備からするときつねの女王かなにかでしょうか?槍っぽい武器をもってますね。こころなしかモシャーヌHardの人型ボスに似てる気がします。

 

注目が新要素ロゴスアクションシステムです。

この画像はおそらく黒魔道士がロゴスケアルを撃とうとしているところですね。アクションは3つセットできるようにみえます。

吉田プロデューサー兼ディレクターがこのロゴスアクションで『ヒーラーとDPSがタンク役できる』と言っていたような気がするのですが、一体どうするのでしょうか。
ヒーラー化なら回復技をもたせるだけでいいかもしれません。しかしタンク化となると単に防御アップバフをもたせたところで、HPと防御を大幅にあげないと焼け石に水状態になるだけです。
このタンク化の仕様が楽なものであれば、今後DPS陣にしいたげられてエウレカから逃げ出すタンクさんがいなくなるかもしれませんね。

私はいまエレメンタルレベルが22だか23だったかでまだまだパゴス駆け出しです。分解スキル鍛錬とかやってる場合じゃありませんでした。さっさとレベルを上げないと。
個人的にこのエウレカシリーズはあまり好きではありません。家具のためだけにやっている苦行というイメージなので、ロゴスアクションがそれを覆してくれることを期待しています。

 

ヒルディブランド外伝 紅蓮編

~前回のあらすじ~

怪盗こそドロ一匹オオカミにより盗まれたソボロ助広をとりもどすため、ヨウジンボウとダイゴロウをつれ門前侍町へ。
ダイゴロウとヒルディブランドの活躍により見事こそドロ一匹オオカミを捕まえます。

ソボロ助広が本物であることを確認したヨウジンボウはとつぜん急用を思い出し、先にクガネへ戻るとのこと。


しかし、ソボロ助広の持ち主であるアケボノのもとへ戻ると、ヨウジンボウがいまだ帰っていないという話を聞かされます。

かくして「ソボロ助広盗難事件」は解決し、ソボロ助広をとったままにげたヨウジンボウを探す「ソボロ取り逃げ事件」に突入しました。

ピューロランドはそれほど待ってませんが、ヒルディブランドはずっと待ってました!
私のFF14の原動力はサブメイン問わずすべてストーリーにあります。毎パッチ追加されるストーリーがとても楽しみです。

この流れで行くとヨウジンボウとの戦闘は避けられないと思いますが、その辺がどうなるのでしょう。
たしか東京ファンフェスでヨウジンボウ討滅戦があります。ということは直接対決になるにしてもインスタンスバトルになりそうです。

 

 

余談ですが、聖アンダリム神学院記のようにそろそろ彼のサブストーリークエストが追加されてもいいころではありませんか?