マグナイがもてないのはなぜか

パッチ4.5で元族長候補だったアドキラーにスポットがあたりました。まだ一段階ですがお得意様クエストを経てちらっとマグナイのことが頭を過ぎり、ちょっと気になったことを書きます。

アドキラーさんは女性に人気

まずはこちらをご覧ください。

上はお得意様で撮ってきたものです。イシュガルドから逃げてきたメロディーが崖っぷち亭での働きに慣れてきたころに、先輩のマポポから服装の異様さをつっこまれたときのセリフです。

マポポはアドキラーとのお揃いを羨んでいます。

付き合いの長さでメロディーにマウントを取ろうとするマポポ。アドキラーはメロディーとマポポの二人に好かれていることがわかります。

一方マグナイはというと、ご存知の通り草原中の女性を探し回っていますがいまだにナーマは見つかりません。シリナとヤ・シュトラを口説き(?)落とそうとしてましたがどちらも失敗しています。

それは一体なぜなのでしょうか。アドキラーと比較してみます。

ものの頼みかた

こちらはアドキラーさんです。

非常に潔い頼み方です。窮地であることを隠さず、崖っぷち亭の今後は私の実力次第であるような感じがします。こんな風に頼まれたらなんとか頑張って助けようという気がおきますね。

マグナイは…

これはバルダム覇道を越えてきたヒエン一行を誘拐し、こき使おうとしたときの言葉です。立場もあるかもしれませんが人にものを頼むときのセリフじゃありませんね。

そして次が草原の覇者となったモル族with光の戦士が帝国軍と相対し、その場の草原の民たちから力を借りようとしたときです。

負けたのにこの態度です。上から目線の言い方はどうかなと思います。気心が知れている人ならいいかもしれません。しかし初対面の人や付き合いの浅い人は引いてしまいます。

褒めかた

アドキラーさんは褒め方もストレートです。上は蒐集価値Maxの蒐集品を納品した時のセリフです。

マグナイはというと、やっぱりちょっとえらそうな言い方です。これは草原の戦いでぶつかったときのせりふです。ムービーで見れるものしか撮れないのでもしかしたらもっとまともな褒め方をしているのかもしれませんが、記憶にないのでそんなことはないでしょう。

共闘時

これはアドキラーさんの信頼度一段階目アップのセリフです。これほどやる気を見せてくれたら頑張ったかいがありますね。

ではマグナイはというと…、頼もしく感じることができるといってもいいでしょう。でも共闘者のひとりを貶めるのはよくないですね。

初対面の相手への態度

困っているメロディーをすぐさま助けようとするアドキラーさん。何も聞かずにすばやく対処します。器の大きい人だと思いませんか?

厳密には初対面ではありませんが、マグナイはこれです。武装した配下を複数名向かわせました。状況が違うと言われればそれまでですが、それにしてももう少し友好的に対応することはないのでしょうか…。

ついでにいうとマグナイはヤシュトラとの初対面時、まず名前を尋ねました。でもその後理想の女性像を語るのはちょっととばしすぎではありませんか?

ではどうすればマグナイはもてるようになるのか

アドキラーは七度だか八度だかの結婚詐欺をうけたらしいです。 アダルキムはアジム最大勢力、オロニルはアジム北部の強勢力と差はありますが、族長の候補でそれなら族長であるマグナイはもっと女性を使った罠にかけられることも多いのではないでしょうか。

なのになぜ周りがブドゥガだらけで女性の気配がないのか、それはマグナイが女性の選り好みをしているからでしょう。美技がどう癒しがこうと言うのをやめれば立場と強さ的に引く手あまたなのでは?

・ナーマなどという理想ばかり求めないで現実を見る
・上から目線をやめる
・素直になる

これだけでマグナイは女性に無縁というかわいそうな噂を打ち消すことができると思います。パッチ4.5では無理でしょうが、パッチ5.0とか6.0くらいでなんとか相手が見つかればいいですね。