ぼっちファンギャザリング

リアルイベントへいけばぼっち卒業できると思っていましたが、そんなことはありませんでした。
東京ゲームショウ帰りにファンギャザリングへ参加です。

2019年9月15日18:30、HUB海浜幕張店にて、記念すべき日本ファンギャザリング第一回が開催されました。

ということで一人参加のファンギャザリングです。

総評としては、すごく賑やかでわいわいしていて、楽しそうでした。(まわりの方々が)
ああいった場で雰囲気だけ味わうのがすきな私はとても満足です。

最後に全員で集合写真をとったのであとでわかると思いますが、老若男女様々な人たちが集まっています。
おじさんだから参加見送るとかそういうことをする必要はありません。もし次にファンギャザリングがあったら、ぜひとも応募してみてください。お酒好きならなおさら参加おすすめです。

Gaiaデータセンターの方々はみんな元気で積極的な感じでした。他席へ同DCの人を探しに行ったりきたりと、アクティブな印象です。
それとどうでもいい情報ですが、男性は眼鏡かけてる人いっぱいだった気がします。

以下は細かい感想を、マイナスなものからできるだけ時系列で語っていきます。

漆黒のチーズピザ

楽しいファンギャザリングですが、一点だけ癪にさわったことがあるので先に言っておきます。

この黒いやつです。この黒いやつ、手や口につくと黒くなります!!


で?っていうのが普通の反応かもしれませんが、話は最後まで聞いてください。

この黒いやつ、おしぼりで拭いても微妙に拭ききれないのです!!!
手がちょっと墨汚れっぽくなってしまいます。

鏡見てないからわからないのですが、もしかしたらこれ食べたあと口周りが小汚い赤ちゃんみたいになってたかもしれないのです。
ほんとにこれだけはゆるせません。
でもおいしかったので3枚食べました。

もし次に同じものを出すのなら海苔かなにかで代用したほうがいいと思います。

グラスの水滴

入店したらまず飲み物です。テーブルにはハイボールのピッチャーがおいてあり、空のグラスが8つあります。
私はアルコールが苦手なので、中央カウンターでグレープフルーツジュースをもらってきました。
開会するとカララントビールやクリスタリウム、ユールモア、漆黒のヴィランズなどのカクテルが頼めます。カクテル類はノンアルコールでも注文できました。

私が神経質なのかもしれません。
飲み物はテーブルに素置きでした。そのためグラスまわりがびしょびしょになってしまいます。ちょっとだけ気になります。
もしかしたらこれはあの店流のやり方なのかもしれませんが、せめてふきんか紙コースターをおいてほしかったです。

PT内ぼっち

18:30開会のところ、私は18:20に到着しました。席はどうやら先着順着席のようで、私は最後の組です。本来なら8人1席、つまりフルパーティになるはずが、私のいたPTは6人しか集まらないまま開会します。(しばらくしてもう1人増えます。)

ここでぼっちの心を折りにきたのは、私含むPT6人中4人がGarudaワールドの方だったことです。
もしManaデータセンターの方かHadesワールドの方と出会ったら、『5.1のイシュガルド復興DCファースト目指して頑張りましょうね』的な話をしようなどと思っていた時期もありました。

いや6人中4人なんだからもう一人ぼっちがいるし問題ないだろとつっこみたいでしょうが、そのもう1人の方は社交的な方だったのでふつうに打ち解けていました。
もともとおしゃべりが苦手な私は壁のすみでまわりをながめたり、みんなのお話を聞いたり、写真を撮ったりして過ごすことになります。

店内が賑やかすぎる

ファンギャザリングを成功させるために頑張っているFF14スタッフ的にはいいことなのですが、私としては非常に困った点です。

私のような矮小生物の耳と声ではまわりの楽しげな声にかき消されて、話を聞き取ることも、伝えることも困難でした。

正直この点さえなんとかなれば、FF14に関することならどんなぼっちでもたくさんお話できると思います。
そんなことよりも声を大きくする練習をするべきかもしれませんが……。

飴のつかみどりという謎コンテンツ

私がとってきた飴がこちら。

このはこから飴を両手いっぱいにすくい上げ、とれた分をスタッフさんが袋詰めしてくれます。

場所がこちら、私のいるPTの真横でした。

この場所に皆さん並ぶわけです。
TGSの試遊の続きみたいに考えていたのでしょうか。それとも、列待機中にも前後の人とお話で盛り上がるとみての並ばせだったのでしょうか。

これだったら飴はいくつか袋詰めしておいてあとでお土産として渡すとか、箱をもって各PTをまわるとかのほうがいいと思います。

とにかくせまいのです。そのせまい店内で列を作らせるのはあまりよくない気がします。
飴つかみどりのすぐ隣に座っていたサブリガお姉さんの席がちょっと出づらくなってました。
あと、列によってこちら側の料理台(男子トイレの隣)が遮られていたのも困ります。

立席しづらい

これは店内が狭くて椅子同士がくっつき、席から出づらいという物理的なものもありますが、はずかしがり控えめ日本人的なものもあります。

中盤、好きに交流していいタイムがあります。
ここで私は無駄なぼっち想像力を発揮してしまいます。

席を立ったとき、他のPTメンバーに『お前らの席はつまんねえからよそ行くわ』みたいに捉えられてしまったらどうするのでしょうか!?
そもそも、すでに仲が築かれている別PTに行っても『だれこいつ』ってなってしまうのではないでしょうか!?

結局私はぺこぺこのお腹を満たすための飲食物調達と写真撮影と飴のつかみどり以外で席を立つことはありませんでした。

最後はプラスな感想です。

1人参加にもみんな優しい

PTの皆さんはぼっち勢の私にも気を使って話しかけてくれます。
ぼっちで孤立するのはみじめだからファンギャザリングいけないという考えの方、そんな心配は全く必要ありません。

まず着席して飲み物をとったら、左のシールに名前を書き、服に貼ります。
私はヒーラーをとりましたが、DPSとタンクもあるので好きなものを選べます。

最初にPT内でキャラネームと所属ワールド、プレイスタイルなどの簡単な自己紹介があります。そのあとは自由なおしゃべり時間です。

意外とFF14名刺を持っている方がいるようです。皆さんも次回ファンギャザリングに参加するときは名刺をつくっていくとお話しの間口が広がると思います。

話すことなくてPTがお通夜状態になるのでは?という懸念も、この話題BOXがあれば大丈夫!

この話題BOXのなかには、こんな感じの話題紙がたくさん入っています。

これを使ってみんなにお話ししたり聞いたりすればいいのです。ちなみにわたしに使う勇気はありませんでした。

ラリホービンゴ

途中ビンゴがありましたがこのへんはふつうのビンゴだったので省略します。
同PTの人が吉田プロデューサー兼ディレクターのサイン入りポスターを当ててたのでちょっとうらやましかったです。





とまあこんな簡単な感じのレポートで申し訳ありませんが以上です。
顔にモザイクかけるのめんどくさいので無難な写真だけをこちらのアマゾンフォトにいれておきました。それでももし自分が写ってる!消して!!というかたはこちらのフォームから削除してほしい写真の指定をお願いします。

私は明日からボーダーランズ3とデモンエクスマキナとアストラルチェインで忙しいのでFF14はしばらくお休みする予定です。……が、PLLのギャザクラ変更点次第ではひきつづき平行プレイをすることになりそうです。