パッチ4.4の前準備?

9月18日のパッチ4.4の個人的狙い目素材を予想しながら日々精選と製作に勤しんでいます。

私はパッチ初日からいきなり新式量産大量販売するタイプの最先端クラフターではなく、出品数が少なめの前世代アイテムや、ハイエンドよりちょっと効果の劣るミドルレンジアイテムをちまちま作って一個ずつ売る貧弱クラフターです。新式は自分の分だけ作って終わりになるでしょう。

なので新実装品よりもすでにあるアイテムの値下がりや素材の入手難易度の変更のほうが気になります。

そして私はパッチ4.1あたりからプレイし始め、4.3あたりから本格ギャザクラを始めた新参プレイヤーなため、蒼天時代のギャザクラ変移を参考にすることもできないのです。プロ商人が見てない地味な市場で稼ぐしかありません。控えめにがんばっていきます。

 

グランドカンパニーの階級に新しく大尉が実装されるそうです。軍票で交換できる素材がある以上きっとなにか追加されるはずなので、パッチ日には軍票上限所持して待機します。

ドマ町人地に釣り場が追加されるのも気になります。釣り場ということは調理師か錬金術師で使う新お魚か、現時点では入手しづらいお魚が簡単に釣れるようになるのかもしれません。とりあえず黄貨スクリップで交換できる釣り餌の補充をしておきます。

 

そして全ハウジンガー待望のマネキン実装です。かく言う私もマネキン待ちで、入手経路がわかったらまず自分用に10体は確保します。製作だったら素材集めの必要がありますが、そんなに難しいつくりにはならないでほしいと願いたいです。マーケットボードにつながるという特殊なシステム上、私の予想では店売りになるのではないかと思っています。あくまで予想です。

クラフタースクリップやギャザラースクリップももちろん上限所持です。新素材や秘伝書がくるかもしれないので、ギャザクラをやっている以上これは必須です。マテリジャとハイマテリジャの貯蓄もです。

 

 

書いて思ったのですが予想もなにも全部ギャザクラの基本すぎてわざわざ記述するようなことではありませんね。パッチまであと一週間ほど、だるい精選作業をこなしてひたすらクリスタル集めをしていきます。