鍛冶師の分解スキル鍛錬

いっぱし以上のギャザクラ勢でも極めている者が少ないと思われるクラフターコンテンツ、分解。ff14における分解とは、アイテムを消失させるかわりに一部の元素材とシャード類をとりだすことを指します。

分解スキルは分解をするごとに上がっていきます。各アイテムには分解適正スキルが設定され、その適正を大きく下回ると分解することすらできません。上回りすぎるとスキル値が上昇しなくなります。
例えば分解スキル50のとき、分解適正スキルが70くらいのアイテムだと、60%くらいの確率で分解でき、スキル値が1.5〜2.1上昇します。もちろん失敗したらスキルも上がりませんし、アイテムは消えるだけです。

新生から蒼天、蒼天から紅蓮へのアイテムの移り変わりのある部分が分解スキル上昇の鬼門です。私の現在の鍛冶師分解スキルは169.31です。ちょうど蒼天から紅蓮への第二の鬼門の真っ只中です。

私のこれまでの分解の歩み

・分解スキル0
そのへんのIDで拾ってきた武器を分解している。このころは分解についてなにも考えていなかった。

・分解スキル30
分解スキルの上昇よりもストーリーの進みのほうがはやく、IDで拾った武器が分解できなくなってきて困る。

・分解スキル40
分解というコンテンツを意識しだす。手っ取り早くギルにものを言わせ、店売りハウジングアイテムを分解しまくってスキルを急上昇させる。

・分解スキル70
第一の鬼門へぶつかる。頼みの店売りハウジングアイテムはもはやスキル上昇量ほぼ0。この時期に狙うべき分解適正は星3家具などの90だったが、当時私はギャザクラ勢ですらなかったため数を用意できなかった。ここで一度分解の道を諦める。

・分解スキル95
麒麟のためにソロ周回していた新生極蛮神の武器を適当に分解していた。イシュガルドにて、ほかのミスライト系武器より分解適正の低い精霊銀打刀を約80本購入し、分解。これで一気に分解コンテンツが蒼天編へ突入。

・分解スキル130
作製素材が一番少ないアダマンモーターを作って壊すの繰り返し。この間、アダマンナゲットを得るためのアルジクラベンダーを大量栽培していた。

・分解スキル160
第二の鬼門へ…。

 

分解スキルを上げるためのアイテム入手方法としては、IDなどで拾う、買う、自分で作るの3つです。拾う方法は非常に時間がかかるのでおすすめしません。

そして現在、ロウェナの手形の製作・採集青貨で交換できるキープ装備を分解に使っています。各道具の分解適正は180です。約60%の確率で分解できます。今日は7こ分解し、4こ成功、分解スキルは176.19になりました。

紅蓮編分解コンテンツ最低適正のハイスチールカッツバルケル255.00までまだまだです。すでにキープ装備のスキル上昇値がほぼ1であることを考えると、この先もう1つか2つ挟まないといけないのですが…

製作は嫌です。蒼天編の伝説素材のストックは各たったの〜30こ、今から収集するのもだるいです。いま流行りのホード武器(ニーズヘッグ武器)は製作素材の鱗が高騰しているのでまず作れません。かといって新生編分解のときのように極蛮神武器をとってくることもできません。極ビスマルクや極ラーヴァナにソロ挑戦したこともありますが、どう頑張っても無理でした。

しかたがないので今回はID頼みでいこうと思います…